カタペチュウ!

備忘録にもならない

レスタミンコーワは寝れない夜に頼れる友!だけど使いすぎには気をつけて!

この記事を書いている僕の手元に、3つの薬瓶があります。
どれも「レスタミンコーワ糖衣錠」という薬の瓶。

こいつ、かなりすごいです。

瓶小さくてかわいい

睡眠改善薬として

この薬、本来の用途とは別にある薬の代用品として使われることがあります。
知ってる人も多いでしょうがその薬、睡眠改善薬のドリエルです。
「ドリ〜ムウェ〜ル ド リ エ ル」のCMでお馴染みの、あの薬。

【指定第2類医薬品】ドリエル 12錠

【指定第2類医薬品】ドリエル 12錠

レスタミンコーワはじんましんや鼻炎といったアレルギー症状のための薬。
眠くなるという副作用があるんですが、これが睡眠改善薬として使えるというわけなんです。
ドリエルとほとんど同じ成分なのにドリエルより安いことから、本来の用途から外れて使っている人も多いようです。

レスタミンコーワ5錠でドリエルの1回2錠と同じ効果。
ドリエル12錠が1800円程度で1回あたりの値段が300円
対して、レスタミンコーワ120錠で700円程度で1回あたり30円

どちらがお得かは火を見るより明らかですね。

眠れない夜に効きます

就活や研究で眠れない日が続いていたので、ついつい買っちゃいました。
それが今は3つ目。

以前の僕には薬で眠くなるという経験がほとんどありませんでした。
バファリンとか酔い止めの薬とか、眠気注意の薬を飲んでも全く眠れず。
体質かな―なんて思ってました

でもこのレスタミンコーワという薬、初めて飲んだ時は驚きました。

もうね、めちゃくちゃ効きくんですよ
薬で眠くなるという初めての体験でした。

飲んだら数分で身体中の力が一気に抜け、頭がボーっとなったらいつの間にがグーzzz。
そんで気づけばもう朝に!

理不尽なくらい身体が眠気に持っていかれました。

この体験に感動すら覚えると同時に、ただの睡眠改善薬で(本当は違うけど)こんなに効くんだと怖くもなりました。

ダメでしょ

そうです、多分ダメです。

本来の用途とは違う使い方をしているわけですからね。

眠気以外の副作用はなさそうですが、高頻度で使い続けたらどうなるかはわかりません。
先々、別の副作用として大きなしっぺ返しを食うかもしれません。

加えて「安い」というのも問題かもしれません。
駄菓子買うお金で苦労せずに眠れるんです、使ったちゃいますよそりゃ

日中動いて疲れて眠くなる、というのが普通です。
難しいことじゃないはずだけど、それすらお薬に頼ってしまう。
こんなこと続けたら自力で眠る方法を忘れそうな気もします。

普通に眠い時は飲みません。
しかし、社会人になって仕事を始めたらストレスでより不眠になりそうな予感も。

この先僕は薬に頼らず、人間が本来もつただ眠るという能力を忘れずにいられるか、不安です。

ほどほどに

色々と書きましたが、レスタミンコーワは睡眠改善薬としてお勧めできます。
用法用量を守れば本当に頼れる逸品になります。
どうしても「寝たいのに寝れない!」という時に使ってみてくださいね。

という、睡眠に悩む夏ボッチのひとりごとでした〜。

【第2類医薬品】レスタミンコーワ糖衣錠 120錠

【第2類医薬品】レスタミンコーワ糖衣錠 120錠

広告を非表示にする