読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カタペチュウ!

備忘録にもならない

今日もまた一つ!増える「後悔」に削がれる「生きる意志」

photo by Matteo Sorba

おひさしブリーフ。

こんな記事を読みました。

dlit.hatenablog.com

僕、小学校から高校までクラブや部活動をまともにやったことがないんですよ。

  • 小学生の時からテレビっ子でずっと家にこもりきり

  • 中学生は「サボる=かっこいい」みたいなイメージでテニス部に入部してもまともに練習したことなし

  • 高校に入ったらちゃんと部活しようと思ってテニス続けたけど友達と折が合わず1年経たずに退部

ですので、記事で書かれてるような「感動が危険」とか実感したこと無いんでしっくりきません。 理屈とかはだいたい理解できるけど。 こういう議論ができるのは、その感動を少なからず経験したことのある人だけなんですよね。当たり前だけど。

つまりですね、スポーツやってきた人は僕が知らない感情を経験してるんですよね。 正直羨ましいとしか言うほかありません。

こうしてまた一つ後悔が増えました!!

もっとちゃんと部活やっときゃよかった! どういう感動なのか味わいたかった!

つくづく思うんですよ。 こうやって後悔することがどんどん増えていくんだろうなーと。

得られるべき素晴らしいものを自らの失態で取りこぼし、 年とともに持っていたものを消費するだけ消費し、 つまらない人格が残った後は、 自分にないものを持っている人を、指くわえて羨ましそうに眺めるだけの人生になるんだと。

他人になりてーな。 自分って嫌だなー。

よくもまあ皆、自分の行動に自信が持てるもんです。 僕の場合、これから先どんな行動を選択しても、どうせ別の選択肢を選ばなかったことを後悔するんです。 その結果が良かろうが悪かろうが関係ありません。 経験から言って、僕の選択はこれまでもこれからも誤りばかり。

「そんな考えは意味が無い」と頭ではわかっているんですが、どうにも抜けられません。 こんな自分の考えに勝てない人生から早くリタイアしたい! リタイアしたい!

広告を非表示にする